社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社会保険労務士とは?

 

社会保険労務士とは?

 

 

社会保険労務士は、社労士と略されます。

 

近年、TVなどに弁護士などと伴に出ることが増えてきており、

 

その有している専門性が注目されていますね。

 

 

もちろん、国家試験に基づいて、独占的地位が付与される国家資格です!

 

社労士と言っても、何をしているのか分からない…

 

そんな人は意外と多いかもしれませんね。

 

 

ごく簡単に説明すると…

 

社労士は、労働・年金・社会保険のプロフェッショナルです!

 

 

どれも私たちの生活に深く関わっている制度ですね。

 

弁護士や行政書士などより、

 

私たちの身近にある士業と言えるでしょう。

 

 

社会保険労務士の業務内容

 

 

労働・年金・保険の専門と言ってもどんなことをしてるの?

 

まずは、労働面です。

 

 

企業の社長さんなどが、「どのような雇用体系を作ればいいのか?」

 

などの相談をするのが社労士となります。

 

 

雇用側だけでなく…

 

自分の労働形態に疑問がある。

 

突然の解雇に納得がいかない。

 

こんな労働者側の相談にも応じてくれます。

 

 

年金や保険の面では…

 

年金の支払いはどうなっている?

 

こんな時に保険は適用される?

 

などという相談に応じてくれます。

 

 

私たちの身近にある制度なのに、複雑…

 

そんな事柄についてアドバイスをしてくれるのが、

 

社会保険労務士なのですね!

 

 

社会保険労務士の年収

 

 

社会保険労務士の平均年収は603万8千円程度と言われています。 

 

※平成20年厚生労働省の抽出調査による数字

 

 

ただ、企業に雇用される場合には、

 

その企業によって収入は異なってきます。

 

 

事務所で勤務する場合には、ある程度相場と言うものがあるようですが、

 

あまり高い年収は望めず、高い収入を望むなら独立開業して、

 

「成功」する必要があると言えるでしょう。

 

 

社会保険労務士の将来性

 

 

社労士は、これから弁護士が背負いきれないような問題を

 

カヴァーするような役割を求められています。

 

 

業務範囲は、拡大していくことが予想されますので、

 

将来性もあると言えるでしょう。

 

 

将来性もあり、身近な問題に対処できる社会保険労務士…

 

人気は高まっていく一方でしょうから、

 

早く合格をして基盤を築きたいですね。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー