社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験の出願と日程

 

社労士試験出願から合格発表まで

 

 

社労士試験の日程は、おおまかに以下のようになっています。

 

 

1.願書取り寄・・・4月中旬〜5月

 

2.願書提出・・・4月中旬〜5月末

 

3.受験票到着・・・8月上旬

 

4.本試験・・・8月下旬(日曜日)

 

5.合格発表・・・11月上旬〜中旬

 

 

本試験の日程

 

【選択式】

 

集合時間・・・10時

 

試験時間・・・10時30分〜11時50分(80分間)

 

 

【択一式】

 

集合時間・・・12時50分

 

試験時間・・・13時10分〜16時40分(210分間)

 

 

以上のように、特に択一式試験の試験時間は、210分です。

 

実に3時間半もの長い試験です。

 

間に休憩もありませんので、慣れておく必要がありそうですね。

 

 

社労士の出願

 

 

社労士試験を受けるためには、

 

願書を出す必要がありますよね。

 

 

願書を提出するには、

 

願書を取り寄せる必要があります。

 

 

願書の取り寄せの方法については、例年3月上旬に、

 

社会保険労務士試験のオフィシャルサイトで案内されます。

 

 

一般には、社労士センターなどに取りに行くか、

 

郵便で取り寄せるか、となりますが、

 

必ず上記サイトで確認するようにしてくださいね。

 

 

願書を取り寄せたら、それと同封されている

 

受験案内をよく読み、出願をします。

 

 

出願の際には、以下のものを揃えて提出する必要があります。

 

 

1.受験申込書(願書)

 

書洩らしがないようにしてくださいね。

 

 

2.写真

 

縦5cm、横4cmです。

 

 

3.郵便振替払込受付証明書

 

これは、郵便局の窓口で受験料9,000円を払った時にもらえます。

 

ATMから送金すると発行されないので、

 

必ず窓口で支払う必要があります。

 

 

4.受験資格を証明する書類

 

それぞれが満たしている受験資格を証明するための書類です。

 

学位記のコピーなどです。

 

 

5.免除資格を証明する書類

 

試験の科目免除などを申請する場合には、

 

それを証明するための書類も添付する必要があります。

 

 

尚、受験地は各地にあり、出願時に希望を出します。

 

各都道府県に一つあるわけではなく、

 

中規模の以上の都市につき、一か所となります。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー