社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験の科目と出題形式

 

社労士試験の出題形式

 

 

社会保険労務士試験には、2つの出題形式があります。

 

一つは、試験日の午前に80分間で行われる選択式試験です。

 

 

文章の中に5つほどの空欄があり、

 

下に選択肢が20程度与えられています。

 

 

空欄ごとに、適当な選択肢を入れ、

 

マークシート形式で解答します。

 

 

労働に関する一般常識と、社会保険に関する一般常識は、

 

択一式では併せて10問が出題されますが、

 

選択式ではそれぞれ1題5問が出題されます。

 

※択一は7科目、選択は8科目となる。

 

 

択一式は、5つの肢の中から適当なものを一つ選び、

 

マークシートに記入する形式です。

 

 

選択式では、8科目、1題5問ずつの計40問に答えます。

 

択一式では、7科目各10問ずつの計70問に答えます。

 

 

選択式、択一式という形式の違いはありますが、

 

社労士試験はいずれにせよ、完全マークシート形式なのです。

 

 

行政書士試験などには、記述式の試験が含まれています。

 

これと比べると、非常に大きな特色だと言えますね。

 

 

記述式の場合には、「書ける」程度に知識を仕入れてまとめる必要があります。

 

何も与えられなくても、自分で知識を捻り出す必要があるのです。

 

 

これに対して、マークシート形式の場合には、

 

与えられた文章や選択肢を読み、

 

それが正しいか否かを判断するのみでいいのです。

 

 

一概には言えませんが、形式の面だけで言うと、

 

記述式の方がマークシート形式より難しいと言えます。

 

 

これは社労士試験にとって、大きな利点ですので、

 

十分活用していく必要があります。

 

 

社労士試験の試験科目

 

 

社労士試験の試験科目には、以下のようなものがあります。

 

 

1.労働基準法及び労働安全衛生法

 

2.労働者災害補償保険法

 

3.雇用保険法

 

(2,3の択一式は、労働保険の保険料の徴収等に関する法律含む)

 

4.健康保険法

 

5.厚生年金保険法

 

6.国民年金法

 

7.労務管理その他の労働に関する一般常識

 

8.社会保険に関する一般常識

 

 

以上の全8科目が、出題科目とされています。

 

 

もっとも、厳密に見ていくと、

 

1には、二つの法律が含まれていますし、

 

2,3には徴収法が含まれています。

 

 

そのため、全部で10科目あると考えて

 

勉強を進めると良いでしょう。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー