社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


試験申し込みから合格までの流れ

 

願書を出してから、勉強を開始する人もいるかもしれませんが、

 

多くの方は、願書提出前に受験を決意しますよね。

 

ここでは、申し込みから合格までの流れを簡単に説明します。

 

 

【受験の決心】

 

 

まずは、受験することを決心・決意する必要があります。

 

なぁなぁで受験を考えたという人もいるかもしれませんが、

 

最初の段階でできる限り強い決心を持っておくことをお勧めします。

 

 

決心が強い方が、スランプに陥った時に気張ることができるからです。

 

 

【勉強方法の選択】

 

 

社労士試験の試験勉強をどのように進めていくかを、

 

決める必要があります。

 

 

典型的には、独学・通信教育・予備校通学の3つの方法があります。

 

自分の性格や、状況などに応じて選ぶようにするといいでしょう。

 

 

【参考書・問題集の購入】

 

 

独学を選んだ場合には、参考書・問題集を選ぶ必要があります。

 

独学の場合、ここでの選択が、非常に重要な要素となります。

 

 

なお、予備校を利用する場合にも、過去問集は必要ですし、

 

受験六法なども必要です。

 

基本書なども一冊手元に置いておいてもいいでしょう。

 

 

【勉強開始】

 

 

実際に勉強を開始します。

 

 

独学の場合には、開始にあたって

 

スケジュールを組むことが不可欠です。

 

 

【願書の取り寄せ・提出】

 

 

4月中旬になると、願書を取り寄せることができます。

 

社労士試験は、年に1回だけの国家試験。

 

 

ここで取り寄せ損ねたり、

 

提出し損ねると、翌年まで受験できません。

 

提出に際して、決意を再度しなおすとなおいいですね。

 

 

【答練の受験】

 

 

予備校利用の場合でも、独学の場合でも、

 

定期的に答練を受験することをお勧めします。

 

 

答練とは、模試のことです。

 

模試の中でも、本試験と形式が違うものを

 

答練と呼ぶことが多いように感じます。

 

 

【直前模試の受験】

 

 

直前期になると、各予備校などが直前模試を開催します。

 

書店の社労士コーナーにも模試が数多く並びます。

 

 

直前模試は、本試験の形式と同じですし、

 

各予備校が的中させるために必死に作成しています。

 

その分、問題の質も良いので、できる限り数をこなすといいでしょう。

 

 

【受験票到着】

 

 

8月上旬に受験票が到着します。

 

当日の会場などについて、詳しく下調べしておきましょう。

 

 

【試験直前期】

 

 

直前期は、法改正対策や白書対策、直前模試、

 

全範囲の見直し、苦手科目をなくす、など、

 

各人にあった対策をしましょう。

 

 

【本試験】

 

 

本試験では、緊張しないようにすることが一番大事です。

 

リラックスして、いつも通りの感覚で問題を解きましょう。

 

 

【試験後の過ごし方】

 

 

試験後、自己採点をする人、しない人とで分かれるようですが、

 

本サイトは、自己採点を早くすることを推奨しています。

 

 

早く合否の目途を付けて、今後の対策を練りましょう。

 

 

【合格発表】

 

合格していたら、開業準備などをしましょう。

 

不合格だったら、翌年以降どう過ごすかをじっくり検討しましょう。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー