社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


どんな人が合格しているのか?

 

合格者の年齢層

 

 

社会保険労務士の試験センターが、

 

過去10年間の合格者のデータを公表しています。

 

 

それによると、合格者の年齢階層別割合は、

 

以下のようになっています。

 

 

20〜24歳 2.8%
25〜29歳 12.8%
30〜34歳 21.5%
35〜39歳 21.3%
40〜44歳 12.6%
45〜49歳 10.4%
50〜54歳 6.8%
55〜59歳 6.0%
60歳以上 5.8%

 

 

10代の合格者がほぼいないのは、

 

受験資格からして当然ですね。

 

ですが、20代の少なさは特徴的だと言えるでしょう。

 

 

これに対し、30代、40代は非常に多くなっています。

 

30代と、40代前半を合わせると過半数となっています。

 

 

40代後半以降でも、相当数の合格者がおり、

 

20代の合格者より、50代以降の合格者の方が多いくらいです。

 

 

このような年齢階層になっているのは、社労士という資格が、

 

社会人にとって魅力的であるということに起因するかもしれません。

 

 

労働・雇用や年金・保険というのは、働き始めてから

 

密に接する分野ですよね。

 

 

ですから、学生や社会人になりたての20代には、

 

少し厳しい試験なのかもしれません。

 

 

試験科目が、法令科目に集中しつつも、

 

一般の大学では取り上げられない法律だと言うことも、

 

20代の合格率を下げている要因かもしれません。

 

 

尚、合格者の職業別割合としては、

 

実に52%が会社員となっています。

 

学生はわずか1.6%となっています。

 

 

大人、社会人の強みを生かせる試験が、

 

社労士試験だと言えるでしょう。

 

 

合格者の男女比

 

 

合格者のうち、36%が女性、64%が男性となっています。

 

士業の中で、こんなに女性の割合が高いのは珍しいとされ、

 

社労士は、女性に人気の資格だと言われています。

 

 

合格者のうち20.5%が無職なのは、

 

主婦の受験者が多いからだと言えるかもしれません。

 

 

主婦だけではありません。

 

出産・育児と仕事を両立させてきた女性は、

 

社労士の試験科目に非常に親近感を覚えるでしょう。

 

 

また、女性で管理職をしている人も、社労士資格を通して

 

男女平等を目指そうと思うかもしれません。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー