社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


労働に関する試験科目の概要

 

このページでは、労働に関する試験科目を簡単に紹介します。

 

 

労働基準法

 

 

労働基準法は、労働者に関する勤務条件などの

 

最低基準を定めた法律です。

 

労働者の憲法とも言える科目です。

 

 

あくまで最低基準ですので、

 

これを上回る基準を定める分には問題ありません。

 

 

労働者や労働時間、休日や休憩などについて定めたり、

 

年少者や妊産婦に関する保護について定めたり、

 

就業規則などについて定めています。

 

 

労働安全衛生法

 

 

動労安全衛生法は、労働者の職場での安全について

 

定めている法律です。

 

 

労働災害発生を防止するための、計画や体制について定めており、

 

さらに、快適で衛生的な職場の実現のための制度も定めています。

 

 

労働者災害補償保険法

 

 

発生を防止しようとしていても、

 

どうしても労働災害は発生してしまいますよね。

 

 

そんな時に、補償をするべきことを定めているのが、

 

労働者災害補償保険法です。

 

 

業務に関する災害や通勤時に発生した災害などについて、

 

給付を行う旨を定めています。

 

 

さらには、社会復帰を促進するための

 

事業などについても定めています。

 

 

雇用保険法

 

 

雇用保険法は、労働者が失業した場合などに

 

給付を行う旨を定めています。

 

 

いわゆる失業保険と言われるものは、

 

この法律を根拠として支払われるわけです。

 

 

社労士試験のための予備校に通う際に支払われる、

 

教育訓練給付金もこの法律を根拠に支払われます。

 

 

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

 

 

労働保険の保険料の徴収等に関する法律は、

 

労働保険の保険料徴収方法に関して定めている法律です。

 

 

労働者災害補償保険法と雇用保険法の

 

2科目にまたがる形で出題されます。

 

 

双方の保険料の徴収方法について、

 

出題されると考えればよいでしょう。

 

 

労務管理その他の労働に関する一般常識

 

 

これは、一般常識科目と言われる科目です。

 

選択式では、社会保険に関する一般常識と合わせて1題出問されます。

 

択一式では、単体で10問出題されます。

 

 

一般常識と言っても、日常生活で身につくような知識ではありません。

 

労働に関するその他の知識と言った方が厳密でしょう。

 

 

具体的には、男女雇用均等法や雇用対策法、労働者派遣法など、

 

労働に関する諸法律や、労働経済白書などから出題されます。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー