社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社会保険に関する試験科目の概要

 

このページでは、社会保険に関する試験科目の概要を紹介していきます。

 

 

健康保険法

 

 

健康保険法は、労働者の業務災害以外の事由を原因とする事故について、

 

保険金を給付することを目的とする法律です。

 

 

業務災害以外の事故とは病気や怪我などです。

 

 

業務災害かどうかがカギとなりますので、

 

労働者災害補償保険法の理解が不可欠となります。

 

 

厚生年金保険法

 

 

厚生年金法は、労働者の老齢・障害・死亡についての

 

保険給付を目的とする法律です。

 

 

国民全員に適用される国民年金の上に上乗せする形で、

 

支給されるのが厚生年金です。

 

 

このため、国民年金としっかり対比する形で

 

理解・整理しておくことが不可欠となります。

 

 

国民年金法

 

 

国民年金法は、2階建て年金の1階部分に該当する

 

年金制度を定めている法律です。

 

 

厚生年金と同じく、老齢・障害・死亡を原因とする

 

保険給付について定めています。

 

 

厚生年金保険法と比較する形で整理しておく必要があります。

 

 

また、複数回にわたる制度改正により、

 

非常に複雑な仕組みとなっています。

 

 

どのような改正がどのような趣旨で行われているのか、という

 

仕組みの理解が不可欠となる科目と言えるでしょう。

 

 

なお、試験科目の順番としては、

 

厚生年金保険法→国民年金法となっています。

 

 

しかし、2階部分と1階部分と言う対応関係がありますので、

 

国民年金法について勉強したのち、

 

厚生年金保険法について学ぶと言う順序を取ると良いでしょう。

 

 

社会保険に関する一般常識

 

 

社会保険に関する一般常識は、

 

労働に関する一般常識と並んで一般常識科目と言われています。

 

 

もっとも、一般常識と言える知識かどうかはかなり微妙で、

 

法令科目から漏れた社会保険に関する知識の集合と言った方が正しいでしょう。

 

 

選択式試験では、労働に関する一般常識と合わせて1題を形成します。

 

択一式試験では、単体で10問出題されます。

 

厚生労働白書や関係法令から出題されます。

 

 

試験傾向を掴むのが難しいので、

 

過去に出題された項目を中心につぶしていくと良いでしょう。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー