社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社会保険労務士の業務

 

社会保険労務士の業務

 

 

社会保険労務士は、

 

労働・年金・保険のプロフェッショナルです。

 

 

それぞれの書類などの作成や、

 

相談・指導などの業務を主に扱います。

 

 

社会保険労務士の主な業務は、

 

社会保険労務士法2条に列挙されています。

 

 

同条の1号から3号までに分けて規定してあり、

 

それぞれ1号業務、2号業務、3号業務と呼ばれています。

 

 

1号業務と2号業務は、社会保険労務士の独占業務とされており、

 

社労士以外の者が報酬を得てすることはできません。

 

3号業務は、資格がなくてもできる非独占業務と言われています。

 

 

独占業務

 

 

1号業務は、書類の作成や提出代行などの業務です。

 

年金や社会保険に関する書類はたくさんありますよね?

 

 

自分で書き方を確認し、役所に届けるのは非常に面倒です。

 

こういった手続を代わりにやってくれるというのが、1号業務です。

 

 

2号業務は、帳簿書類の作成業務です。

 

帳簿書類も専門性が高い業務ですから、

 

専門家に頼みたい仕事の一つですよね。

 

 

以上の業務に加え、近年特定社労士という制度が設立されました。

 

労働問題を中心とした紛争を解決するための手続きに、

 

代理として関与できるようになりました。

 

 

非独占業務

 

 

非独占業務とされている3号業務は、労務管理などの労働問題、

 

社会保険に関する問題などについて、相談に応じたり、指導をすることです。

 

 

社労士の資格がなくてもできる業務です。

 

しかし、これらの分野において、社労士は抜群の専門性と知識を

 

持っていますから、社労士が一般に担っている仕事と言えるでしょう。

 

 

労働・保険などの相談と言えば、社労士というイメージは

 

みなさんにもあるかもしれませんね。

 

相談業務は、実は資格なしでもできる業務なのです。

 

 

資格を生かした業務

 

 

上記のような、社労士本来の業務の他に、

 

社労士資格や知識を生かした仕事がたくさんあります。

 

 

例えば、受験指導や役場での相談員、講師など…

 

詳しく知りたい方は…

 

社労士の資格を生かした仕事」をご覧ください。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー