社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験の勉強方法

 

社労士試験に合格するための勉強方法として、

 

大きく3つの勉強方法があります。

 

独学・通信教育・予備校通学の3つです。

 

 

それぞれに長所短所がありますが、

 

以下ではごく簡単に紹介していきましょう。

 

 

独学

 

 

通信教育や予備校を利用せず、自分だけで勉強する勉強方法です。

 

知り合いなどに教わりながら勉強する場合も、

 

これに該当すると言えるでしょう。

 

 

予備校を利用しないと言っても、過去に出題された問題を

 

自分で六法を引きながら正解を確認していって…

 

と言うような完璧な独学はまず無理でしょう。

 

 

予備校などが市販向けに参考書や問題集などを出版していますから、

 

これをベースに勉強を進めていくという形態になります。

 

 

行政書士などの法律試験では、法学部出身などの場合には、

 

独学でも勉強を進めやすいのが一般的な傾向です。

 

 

しかし、社労士試験の出題科目については、

 

大学で学ぶことはあまりありません。

 

 

そのため、法律系の資格ですが、法学部出身という

 

アドバンテージが生かせない、というのが社労士試験の特徴です。

 

 

独学の長所は、費用があまりかからないということです。

 

参考書・問題集などの書籍代のみで済ませることができるからです。

 

 

もっとも、独学だからと言って予備校を一切使わないぞと

 

意地になる必要はまったくありません。

 

 

模試や答練、どうしても理解できない苦手科目などは、

 

予備校を部分的に利用するという手段も十分ありですよ。

 

 

独学の短所は、スケジュールを自分で立てなければならないこと、

 

分からない部分が出て来た時に、質問できないことです。

 

 

ですが、「ヤフー知恵袋」や「OKWAVE」のようなQ&Aサイトで

 

質問することで誰かが回答してくれるかも知れません。

 

 

また、mixiなどのコミュニティーサイトを活用することで

 

勉強仲間を見つけたり、質問に回答してくれる方がいるかも知れません。

 

 

通信教育

 

 

通信教育は、予備校に通学せず自宅で学習できるように

 

提供された教材を利用して学習していく方法です。

 

 

通信教育と一口に言っても、資格予備校が通学生向けに提供している

 

講義をそのまま録画してウェブなどを通して提供する形から、

 

書籍・問題集だけを提供する形まで様々です。

 

 

前者の場合には、費用は予備校通学とほとんど変わりませんし、

 

後者の場合には、安くなる傾向にあります。

 

 

通信教育は地方などに住んでいて、

 

予備校などに通えない場合に利用している方が多いようです。

 

 

また、近くに予備校があっても、

 

通う時間のない人も利用していることが多いそうです。

 

 

予備校通学

 

 

資格予備校に通い、

 

講義を中心に勉強を進めていく形態です。

 

 

カリキュラム・教材を予備校が提供してくれるので、

 

悩むことなく勉強を進めることができます。

 

 

しかし、十数万円という費用が発生することもあります。

 

お金と時間に余裕のある方は、

 

予備校に通ってじっくり勉強するのも良いでしょう。

 

 

予備校の大きな特徴は、

 

疑問や悩みをその場ですぐに解決できることです。

 

 

講義の終了後に講師に直接質問したり、

 

勉強方法などの相談に乗ってもらえる相談員などもいます。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー