社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士の受験に必要な書籍類

 

社労士の受験に必要な書籍

 

 

独学・予備校・通信教育、どれを選ぶにせよ、

 

書籍は必要となってきます。

 

 

社労士とは何か…

 

社労士試験ってどんなものか…

 

など、基本的な知識を得るための本がまず必要ですね。

 

※もちろん、このサイトだけでもかなりの知識が得られます!

 

 

社労士試験は試験範囲が非常に広い試験ですから、

 

各科目についての大雑把に解説した入門書などもほしいところです。

 

 

本格的な勉強に入ってくると、

 

試験範囲すべてが丁寧に解説されている基本書や、

 

試験範囲の法令が載っている試験六法、

 

問題集などが必要になってきます。

 

 

以下で、もう少し詳しく説明していきますね。

 

 

ナビゲーション本

 

 

社労士って?

 

社労士試験って?

 

など、基本的な情報を持っていないと、

 

社労士試験受験を決意できませんよね。

 

 

そんな時に役に立つのが、

 

これらの基礎的な情報を集めたナビゲーション本です。

 

 

インターネットでも情報収集できますが、どうも情報に網羅性がない…

 

そう感じている方が、このサイトを訪れているのかもしれません。

 

でも、ほとんどの情報は、このサイトで入手できます。

 

 

ただし、他に手元に一冊くらいナビゲーション本を置いていても

 

いいかもしれませんよ。

 

 

成美堂出版が出している、「【送料無料】社労士をめざす人の本」が、

 

非常にコンパクトで、様々な情報を網羅しており、オススメです。

 

 

合格体験記

 

 

ネット上などで、「合格した」という声はよく耳にするかと思います。

 

そんな人は、社労士試験なんて簡単だ!とか、

 

俺は苦労したぜ…みたいなことばかり言っていて、

 

あまり参考にならなかったりしますよね?

 

 

どう合格したのかを詳しく知りたいのに…

 

そう思っているあなた!

 

 

合格体験記を1冊読むことをお勧めします。

 

様々な方法で合格した人の、生の声をたくさん入手できますよ。

 

 

市販で販売されているものも、いいですが、

 

予備校のサイトや資料などに無料でついているものもあります。

 

 

予備校が公開している体験記は、予備校を褒める傾向にありますから、

 

それをさっぴいた上で読むのがコツです。

 

 

参考書・六法・問題集

 

 

参考書については、様々なものがあります。

 

1冊で全範囲を網羅しているものから、

 

10分冊になっているものまで様々です。

 

 

基本は、1冊のものを手元に置いておき、

 

どうしても苦手なものについては、別のものを読むなどしましょう。

 

 

六法については、必ず社労士試験向けのものを購入しましょう。

 

通常の六法には全法令が載っていないことも多いですよ。

 

問題集は、まずは過去問集を優先的に購入しましょう。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー