社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


学習スケジュールの立て方

 

 

学習スケジュールの重要性

 

 

独学で学習をしている場合や、通信教育で学習している場合、

 

スケジュールをどう組むかが、合否を分ける要素となります。

 

 

通信教育でもスケジュールを立てる必要があるの?

 

と疑問に思った方もいるかもしれません。

 

 

通信教育の場合、講義が付いているものから、

 

書籍だけのものまで様々なものがあります。

 

 

講義が付いている場合には、

 

予備校側が一応の目安を示してくれます。

 

 

それに従えればいいのですが、

 

予備校に通えないような事情があるからこそ、

 

通信教育を利用しているという方が多いでしょう。

 

 

自分が勉強できる時間に応じて、

 

適切なスケジュールを組んでいく必要があるのです。

 

 

スケジュールを組まずに学習を進めていってしまうと、

 

時間がいくらでもあるように感じてしまい、

 

どうしてもダラダラと後伸ばしになってしまいます。

 

 

気づいたら、試験直前で間に合わない…

 

そんな事態もよくあることです。

 

学習スケジュールを立てることは、合格のために不可欠なのです。

 

 

スケジュールの種類

 

 

スケジュールには、短期・中期・長期の3種類があります。

 

 

短期計画は、日々の勉強計画や1週間単位での計画を指します。

 

一日のうち、学習に充てることができるのはどの時間なのか、

 

何曜日は勉強ができるのか、などを明らかにし、勉強計画を立てていきます。

 

 

中期計画は、1ヶ月などある程度長い期間の計画です。

 

3月は労働基準法など、大雑把な計画を立てていきます。

 

 

長期計画は、勉強開始から本試験までの計画です。

 

インプット1周目は3月までに終了し、

 

8月には法改正や白書、模試に集中する…

 

など、ダイナミックな計画を立てていきます。

 

 

スケジュールの組み立てと管理

 

 

スケジューリングをするには、

 

まず試験合格に必要な全ての作業を把握する必要があります。

 

 

総勉強時間に何時間が必要なのかを計算するのです。

 

例えば、持っている基本書が1000ページあるとします。

 

 

1時間に10ページ読み進めることができるのなら、

 

最低100時間は1周するのに必要ですよね。

 

 

過去問を1問解いて、解答を読み込むまでに必要な時間はどれくらいか、

 

それを何問やるのか…

 

など具体的にやるべきことを羅列していきます。

 

これらを足すと総勉強時間が出てきます。

 

 

そして、自分の生活の中で、

 

費やすことのできる時間をスケジュール帳に記入すると…

 

ほとんどスケジュールが完成するでしょう。

 

 

スケジュールには必ずズレが生じてきますから、

 

定期的に見直したり、予備日を作成することは不可欠ですよ。

 

これがスケジュールの管理です。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー