社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験後にやるべきこと

 

試験が終わった後、目標としていた試験本番が終わり、

 

まるで燃え尽きたようになりますよね。

 

 

合格発表まで何もやる気が起きない…

 

そんな方も多いかもしれません。

 

 

しかし、8月下旬の試験から合格発表の11月まで

 

3ヶ月近くの期間があります。

 

 

この期間を何もせずに過ごすのは非常にもったいない、

 

そう思いませんか?

 

 

実際には、多くの方が合格発表まで何もしないようです。

 

だったら、何もしなくてもいいじゃん…と思うか、

 

だったら、自分は何かしよう!と思うかで、差が付きます。

 

 

他の人が何もしていない期間だからこそ、

 

この期間に何かをすることで、大きくリードすることができるのです。

 

 

具体的に何をやればいいの?と思うでしょうね。

 

人それぞれにやるべきことはあるはずです。

 

 

これでは答えになってないので、

 

以下ではいくつかの例を挙げましょう。

 

 

まずは、自己採点が考えられますよね。

 

社労士試験の合格基準は毎年変動します。

 

 

しかし、足切ラインなどは確実に存在していますので、

 

確実に不合格だ、ということは掴むことができます。

 

 

また、選択式だと28点、択一式だと50点以上取っていれば

 

ほぼ確実に合格だと分かります。

 

 

確実に不合格なら、翌年以降に向けて早く受験勉強を再開すべきでしょう。

 

確実に合格なら、開業などに向けての情報収集が必要です。

 

 

合格とも、不合格ともいえない…

 

そんな場合には、合格しているという前提で動いてみましょう。

 

 

残念ながら、確実に不合格ラインだ…

 

という場合、まずは本試験の見直しから入ってみましょう。

 

本番に解いた問題ですから、すんなり頭に入ってきます。

 

 

ここで出題された項目を確実に押さえるだけで、

 

翌年以降の合格が確実に近づきます。

 

 

また、この段階で受験勉強を開始すれば、

 

1年近くの勉強期間ができます。

 

 

じっくりと焦らず勉強する期間ができたのです。

 

前向きにとらえて再チャレンジへと動き出しましょう。

 

 

開業に向けての情報収集と言っても…

 

という方、開業に向けた書物などがいくつかありますし、

 

社労士の方が運営しているブログなどもあります。

 

 

このようなものを読み、実務を想像するだけでも、

 

合格発表後の動きが楽になりますよ!

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー