社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士の勤務形態

 

社労士として働くと言っても、複数の形態があります。

 

大きく分けると、開業社労士と勤務社労士とに分けられます。

 

 

開業社労士とは、自分の事務所を構えて独立開業している社労士です。

 

勤務社労士とは、企業の中で社労士の知識を生かして働いていたり、

 

社労士の事務所などで雇用されながら働いていたりする社労士です。

 

 

つまり、社労士の勤務形態には…

 

1.独立開業

 

2.一般企業

 

3.社労士事務所(その他士業の事務所)

 

という3つの形態があるのですね。

 

 

尚、社労士試験に合格しただけでは社労士と名乗ることはできず、

 

社労士会に登録する必要があることをお忘れなく!

 

 

社労士試験合格後、2年間以上の実務経験か、指定研修を経て、

 

登録を済ませて初めて社労士と名乗ることができます。

 

 

以下では、あなたがどのような勤務形態に適しているかを診断してみましょう!

 

※あくまで参考程度にしてくださいね。

 

 

現在、一般企業に勤めている…YES

 

 

この場合、その企業を辞めるのか継続するのかを

 

決定する必要がありますね。

 

 

社労士としての資格や知識が要求される職場の場合、

 

勤務社労士として働くことも十分魅力的な選択肢でしょう。

 

何より、安定が保証されています。

 

 

一般の社員と比べ、専門的な技術・知識があるので、

 

高い評価を得られるでしょうし、首切りされるおそれも低くなります。

 

 

いきなり独立開業するのは無理だ…YES

 

 

こう思う方は多いかもしれません。

 

とりあえずは、先輩の事務所で雇ってもらって…

 

そう考える方も多いようです。

 

 

しかし、地方の場合には、

 

社労士を雇うような余裕がある事務所は多くはないようです。

 

 

社労士事務所に勤務するのは、

 

なかなか難しいのです。

 

 

あなたの近くに、社労士を募集している企業や事務所があったら、

 

かなり恵まれています。

 

それを活用して、独立開業へ是非つなげましょう。

 

 

独立開業するために勉強してきたんだ…YES

 

 

そうですよね。

 

社労士全体の6割は独立開業しています。

 

 

社労士事務所で働くことは難しいですから、

 

いきなり開業という人も珍しくありません。

 

 

工場を開くわけではありませんから、

 

初期費用は100万円〜300万円程度で済みます。

 

 

開業講座などで知識を得た後、独立開業しましょう!

 

コネやノウハウを作るまでが大変ですが、

 

1年もすればある程度経営も波に乗ってくるようです。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー