社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士開業直後の営業の仕方

 

独立開業しただけで、

 

社労士の看板に惹かれて客がどんどん入る…

 

なんてことは決してありません。

 

 

顧客を付けるには努力が必要です。

 

ネームブランドだけで客がつく世界ではありません。

 

そもそも開業したてでネームブランドも何もありませんよね。

 

 

まずは、開業したことを宣伝するハガキを出しましょう。

 

どこで、どんなことをやっているのか、

 

電話番号やFAX番号、メールアドレスやホームページのURLなど、

 

可能な情報はできる限り入れるようにしましょう。

 

 

できる限り入れると言っても、あまり細かい情報を羅列してしまうと

 

全体の印象がかえってぼやけてしまいます。

 

そこで、業務内容などは要点を絞って端的に書くようにしましょう。

 

 

また、労働に関する問題、と言うように抽象的に書くのもあまりよくありません。

 

賃金がカットされてしまった!

 

突然の雇い止めにあった!

 

など、具体的でわかりやすい場面を挙げると、

 

相談が舞い込んで来るかも知れませんよ。

 

 

さて、ハガキを出したら、名刺を配り歩く必要があります。

 

事務所の近くの企業などを回って、

 

営業活動する必要も出てくるでしょう。

 

 

名刺を渡す際にも、

 

自分の業務をわかりやすく伝えるようにするのがコツです。

 

 

社労士という職業を知っていても、

 

どんな時に活用できるのか知らない・・・

 

という人も結構多いのです。

 

 

具体的に、分かりやすく伝えるのがコツです。

 

もちろん、その前提として名刺をわかりやすく作るのもコツです。

 

表は見やすく!

 

そして印象的に!

 

 

近年では、名刺の裏面まで活用することは珍しくありません。

 

業務内容等をわかりやすくまとめるといいかもしれません。

 

 

ホームページを立ち上げている場合、

 

そのURLを表すQRコードを印刷するのもいい手でしょう。

 

 

とにかく、限られた名刺の紙面をどう活用するかがカギです。

 

他にも、ホームページやメールアドレスなど、

 

工夫や活用ができる場面は数多くあります。

 

 

これらの知識は、社労士としての知識というよりは、

 

「営業職」としての知識ですよね。

 

 

独立開業した以上は、営業のスキルや、

 

経営などのスキルが不可欠なのです。

 

 

社労士の資格を勉強する際には、

 

このことまで見越して勉強しておくといいでしょうね。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー