社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社会保険労務士の年収

 

社会保険労務士の年収

 

 

社会保険労務士の平均年収は、

 

603万8千円程度と言われています。 

 

※平成20年厚生労働省の抽出調査による数字

 

 

同調査によると、平成18年に収入は大きく減少した後、

 

平成19年、20年と増加傾向にあります。

 

 

以上の数字は、抽出調査ですので、

 

必ずしも正しい結果とは言えません。

 

 

社労士の資格を持っていたとしても、

 

どのように働くかは人それぞれです。

 

 

どのような集団を切り取るかで、

 

社労士の収入は大きくも小さくもなりうるんだ、

 

ということを忘れないようにしましょう。

 

 

そこで、以下では勤務形態ごとに

 

社労士の収入を見て行きましょう。

 

 

企業で働く社労士

 

 

社労士全体の約3分の1は、独立開業せず、

 

企業内で勤務しています。

 

 

このような社労士を勤務社労士と呼びますが、

 

一般企業の中で働く社労士と、

 

社労士事務所の中で働く社労士の二つがあります。

 

 

企業に雇用される場合には、その企業によって収入は異なってきます。

 

企業の中での雇用形態は、それこそ企業ごとに違いがあり、

 

ほぼ一般の社員と同じように扱われる場合も多いようです。

 

 

企業の中には、社労士の資格を有していることで、

 

資格手当がつく場合もあるようです。

 

 

企業内で資格を活用しようと思う場合には、

 

就職や転職、収入の面でわずかに有利に扱われる程度と

 

思っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

 

事務所で働く社労士

 

 

事務所で勤務する場合には、

 

ある程度相場と言うものがあるようですが、

 

あまり高い年収は望めない傾向にあるようです。

 

 

高い収入を望むなら独立開業して、

 

成功する必要があるかもしれません。

 

 

もっとも、事務所の場合には、収入の最低ラインが

 

開業社労士の最低ラインより上なので、

 

最低限の生活は保障されています。

 

 

独立開業した社労士

 

 

独立開業の場合には、

 

開業した後数年間は100万や200万と言う

 

苦しい状況が続くことが多いようです。

 

 

数年たち、ノウハウや顧客が安定してくると、

 

1000万円近い年収を得ることも可能となります。

 

 

また、他の士業の資格と組み合わせることで、

 

数千万円という大成功をなすことも可能です。

 

ハイリスク・ハイリターンなのが独立開業と言えます。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー