社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験は独学でも合格可能ですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

社労士受験を先日決意しました。

 

予備校のパンフレットなどをさっそく書店で取ってから、

 

眺めていたのですが、到底私には捻出できそうにありません。

 

 

そこで、独学で勉強しようと思っています。

 

社労士試験は、独学での合格が厳しいと

 

パンフレットに書いてあったのですが、本当でしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

これもよくある質問です。

 

全くの初学者が、独学でも合格可能なのか…

 

 

確かに、難しい試験ですし、

 

独学だけでは途方もないように思えてきますよね。

 

 

しかし、社労士試験の場合、多くの人は初学者なのです。

 

法律系の資格だと言われていますが、

 

大学の法学部などでも社労士試験の科目の詳細は学びません。

 

 

と言うことは、皆スタートは同じなのです。

 

資格試験で、予備校を利用する場合の

 

一般的なメリットはなんなのでしょうか?

 

 

それは、一般的に講義で丁寧に解説してくれる、

 

分からない部分を質問で解決できる、

 

添削をしてくれる、スケジュール管理をしてくれる、などです。

 

 

社労士試験においては、実は添削指導は必要ありません。

 

行政書士試験のように記述式試験がある場合には、

 

予備校に添削してもらい、書き方を学ぶ必要があります。

 

 

しかし、社労士試験は、すべてマークシート形式ですよね。

 

市販されている問題集には、解説と答えが載っていますから、

 

自己採点をして、自分で解説を読めばそれで済むのです。

 

これで、予備校のメリットが一つ消えましたね。

 

 

あとは、スケジュール管理…

 

社労士試験を受験する多くの方は社会人です。

 

 

社会人ですから、スケジュール管理のノウハウは

 

ある程度、身に着けているはずです。

 

 

試験に向けてのスケジューリングとなると、

 

まったく別物のように感じられるだけなのです。

 

 

実は要領は、通常の仕事と変わりません。

 

試験勉強も仕事の一部だと思って取り組めば大丈夫です!

 

 

講義で丁寧に解説してくれるというメリットについては、

 

市販されている参考書でも、講義調の丁寧なものがたくさんあります。

 

 

また、分からない部分に関しては、質問しなければ解消しません。

 

独学の場合、詳しめの本にあたって調べれば、解消できます。

 

 

このように、ある程度の手間をかけることで、

 

独学でも予備校と同じように学習を進めることが可能となります。

 

工夫と努力次第で、十分独学でも合格できますよ!

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー