社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


教材が消化できません・・・

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

私は通信講座で社労士試験の勉強をしています。

 

申し込んだら、DVD50枚以上、テキストが10冊近く…

 

途方もない分量の教材が送られてきて、困惑しています。

 

 

毎日コツコツと進めているのですが、

 

とても本試験までに終わると思えません。

 

どうしたら消化できるのでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

ちょっと通信教育に振り回されているかもしれませんね。

 

確かに、通信教育の教材がまとめて送付されてきた時の、

 

あの唖然とした感覚は忘れられません…

 

 

あなたは、どうして通信教育を申し込んだのですか?

 

教材を消化するためですか?

 

 

そうではありませんよね?

 

当然、社労士試験に合格するためです。

 

 

通信教育は、合格のために必要なものを全てそろえているはずです。

 

ですから、全てこなせるのなら、こなすに越したことはありません。

 

 

ですが、膨大な教材に振り回されて、

 

試験までに全範囲が終わらないようでは、意味がありません。

 

本末転倒ですよね。

 

 

あなたに残っている勉強時間はどれくらいですか?

 

残っている教材を消化するための時間はどれくらいですか?

 

 

まずは、これらを確認し、

 

本当に消化できないかどうかを確認しましょう。

 

 

膨大なようでも、一つ一つ所要時間を計算していくと、

 

意外と消化しきれることもあるのです。

 

 

計算してみたが、やはり足りないという場合…

 

予備校や通信教育・教材は、目的ではありません。

 

合格のためのツールにすぎません。

 

 

ですから、ツールが本当に必要な場面にだけ使うとう手法に

 

シフトしてみるのはどうでしょうか?

 

 

教材を1から10まで全てなぞるのではなく、

 

適宜必要な時に、必要な場所のみを参照するようにするのです。

 

 

どうやって教材を絞るのか…

 

本サイトは、過去問分析・攻略をメインに据えることを勧めます。

 

 

教材の中に、過去問講座がある場合には、

 

それをメインに使いましょう。

 

 

過去問でどのような形式で出題されているのか、

 

どんな知識がどのような形で求められているのか、

 

ということを分析します。

 

 

そして、解説を読み、それでも分からない個所については、

 

参考書やレジュメの該当部分を読むのです。

 

 

こうすることで、本当に重要な個所を、

 

使える形でインプットすることが可能となります。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー