社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士は稼げますか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

現在の職場に不満があって辞めようと思っています。

 

上司との折り合いがつかず、このようなゴタゴタとは無縁な

 

開業職を目指そうと思っています。

 

 

そこで、最近話題の社労士になろうと思っているのですが、

 

社労士は稼げるのでしょうか?

 

家族もいるので、ある程度の収入が必要です。

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

独立開業と言う形で社労士になりたいということですね?

 

貯蓄はあるのでしょうか?

 

 

独立開業した場合、初期費用が数百万円必要となります。

 

また、顧客がついて軌道に乗るまで数年かかると言われています。

 

 

家族を養えるだけの安定した収入を得るためには、

 

3年は見ておいたほうがいいでしょう。

 

 

最初の数年は、それこそ借金をして自転車操業をしなければ

 

ならないかもしれませんし、

 

家族の協力も必要となってくるでしょう。

 

 

社労士は稼げるのかどうか、

 

というのが質問の主な趣旨だと思いますが、

 

努力すれば稼げるというのが本サイトとしての答えです。

 

 

社労士は、決して楽して稼げる職業ではありません。

 

開業職全般に言えることなのですが、

 

専門知識やノウハウも、もちろん要求されるのですが、

 

収入に直結するのは、経営能力・営業能力です。

 

 

顧客を付けるために、接客などのサービスの質も

 

高くしなければなりませんし、企業から仕事をもらうために

 

頭を下げてお願いしなければならない場面もあります。

 

 

開業職だから、上司とのゴタゴタがない気楽な商売だ、

 

というのは認識が甘いかもしれません。

 

 

もっとも、能力やコネをすでに身に着けているという場合には、

 

独立当初から相当の収入を得ることも不可能ではありません。

 

 

一般には、開業から3年は平均収入が200万円程度だと言われていますが、

 

開業したてで600万円以上の収入を得るヤリ手の社労士も稀にいるようです。

 

 

相当強い人脈か、能力を持っていたのかもしれませんね。

 

 

いずれにせよ、独立開業職というのは、完璧な実力社会です。

 

成功すればかなり稼ぐことができますし、

 

失敗すれば事務所をたたまなければなりません。

 

後に残るのは、借金だけ…という事態もあります。

 

 

絶対目指すな、というようなお先真っ暗な職業ではないのは確かですが、

 

開業したら人生バラ色という気軽な職業でもありません。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー