社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士として独立できる可能性はどれくらいなのですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

こんにちは。

 

私は、今、社労士試験の勉強をしています。

 

 

合格した後は、独立開業しようと思っているのですが、

 

私が合格した後…2012年くらいでしょうか。

 

その頃に独立開業できる可能性はどれくらいあるのでしょうか?

 

 

社労士資格の人気が高まってきて、

 

社労士人口が増えていると耳にして、

 

とっても気になっています。

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

こんにちは、是非、今年の合格を果たしましょうね。

 

さて、独立開業を目指しているとのことですが、

 

社労士の6割は開業していますから、社労士を目指す以上

 

特に変わったことではありませんよね。

 

 

しかし、出願者数が増え続けている現状の中、

 

開業できるのだろうか、と思うのは当然かもしれません。

 

気になって、勉強に集中できないというのもよくありませんよね。

 

 

まずは、社労士人口の近年の推移について紹介しましょう。

 

平成17年 2万9460人
平成18年 3万709人
平成19年 3万1681人
平成20年 3万3144人
平成21年 3万4223人

 

(以上、登録人数)

 

 

このように、現在全国に3万5千人ほどの社労士がおり、

 

年間1,000人ほどのペースで増加し続けています。

 

 

現在市町村の数は1,700ほどですから、

 

単純に35,000人を1,700で割ると、市町村一つあたり、

 

20人ほどの社労士がいることになります。

 

 

もちろん、士業にありがちなこととして、

 

都市部に集中している傾向があることを忘れてはいけません。

 

 

さて、質問ですが、開業はできるでしょうか?

 

という質問でしたよね?

 

 

極端な話、開業するだけなら可能です。

 

資金さえあれば事務所が借りられますし、

 

営業次第で顧客もつけることは可能でしょう。

 

 

問題は、開業した後、成功できるかどうかですよね?

 

市場が飽和状態になると、士業のような専門職では、

 

競争が活発化してきます。

 

 

競争が活発でなかった時には、

 

従来のコネなどが強く影響してたでしょう。

 

 

しかし、競争が活発になると、新規参入してきた者でも、

 

努力次第では認められる可能性が出てきますよね。

 

もちろん、実力・能力があることが前提です。

 

 

いずれにせよ、今後は競争が活発化してくるでしょうから、

 

努力が不可欠となるでしょう。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー