社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


大学進学と行政書士取得どっちがいいですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

私は高卒なのですが、社労士になりたいと思っています。

 

社労士試験の受験資格を得るために、大学に行きなおすか、

 

行政書士試験合格を目指すか、いずれかの方法をとろうと思っています。

 

どちらがいいでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

このような質問も実は、相当数寄せられています。

 

社労士試験には受験資格に制限が加えられていますから、

 

中卒・高卒の方にとっては、いかにして受験資格を取得するか、

 

というのが第一関門となりますよね。

 

 

まず、社労士試験の受験資格取得のためのルートとして

 

利用されることが多い行政書士試験について、簡単に説明しましょう。

 

 

行政書士試験は、法学系の資格の中でも

 

入門的な資格だと言われています。

 

受験資格はなく、誰でも受験することができます。

 

 

行政書士試験の合格基準は、6割です。

 

6割取れば、足切ラインを下回らない限り合格できる

 

絶対評価式の試験です。

 

 

試験科目は、法令科目と一般知識科目の二つ。

 

法令科目には、憲法・民法・行政法・商法・基礎法学が、

 

一般知識には、政治経済社会・情報・文章読解が含まれます。

 

 

出題形式は、五肢択一式と、多肢選択式、そして記述式です。

 

40字程度で記述するという記述式試験が近年追加され、

 

難化していると言われています。

 

 

法学の基礎的な知識が幅広く問われるため、

 

法学を学んでいる方にとっては、入門的な内容だと言われるのですが、

 

法学をまったく学んだことがない方にとっては、非常に難しく感じるようです。

 

合格率も、社労士試験より低いのが実情です。

 

 

しかし、行政書士を取得しておくと、社労士となった時に、

 

ダブルライセンスを活かすことができますよね。

 

一発独学合格すると、費用も時間もかかりません。

 

 

これに対し、大学進学の場合には、大卒(もしくは一般教養修了程度)

 

と言う資格が付与される副次的効果が期待できますが、

 

2年以上の期間と、相当の費用がかかってしまいます。

 

 

どちらも一長一短があるわけです。

 

期間や、目的、費用などの面で比べた上で決めると良いでしょう。

 

 

尚、純粋に資格を取得するためだけに大学に進学する場合、

 

放送大学がおすすめです。

 

 

入学料や授業料が非常に安く、なおかつ通信制なので、

 

働きながらでも62単位を取得することができます。

 

詳しくは、放送大学のホームページをご覧下さい。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー