社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験の勉強方法が分かりません・・・

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

独学で社労士試験の勉強をしているのですが、

 

受験勉強や資格の勉強を今までまともにしていません。

 

 

大学へは行っていたのですが、推薦入学でした。

 

勉強の方法というものが分からず、途方に暮れています。

 

 

予備校などを利用できればいいのですが、

 

金銭的事情で利用することができません。

 

勉強の方法を教えてください。

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

金銭的事情で、独学を選ぶという人は多いですよね。

 

予備校の教材や講義は確かに良質なのですが、

 

費用が高すぎるというのは否めません…

 

 

さて、受験勉強や資格の勉強をある程度経験したことがある場合、

 

それの応用で社労士試験の勉強も進めることができます。

 

 

しかし、それらの勉強を今までやってこなかったという人は、

 

当然ながら、どうやって勉強していけばいいのか分からないですよね。

 

 

予備校や通信教育を利用すれば勉強方法は教えてもらえ…

 

ないんですね、これが…

 

 

予備校や通信教育でも、ほとんどはある程度の勉強方法は

 

身につけていることが前提となっています。

 

講義の聴き方や、メモの取り方などについては詳しく教えてくれません。

 

 

そのため、独学の方でも、予備校利用の方でも、

 

勉強方法と言うのは、ある程度自分で学ぶ必要があります。

 

 

さて、資格試験の勉強方法…

 

そんなもん人それぞれだろう?と言う方もいるかもしれません。

 

確かに、人それぞれの要素と言うのはあるでしょう。

 

 

しかし、資格試験に有効な効率の良い勉強方法と言うのは、

 

そこまで多くはありません。

 

有効で、効率の良い勉強方法のうち、一つを紹介しましょう。

 

 

それは、過去問をベースに、

 

基本書をリンクさせて勉強すると言う方法です。

 

 

まず、5〜10年分の問題が載っている過去問集を買います。

 

問題と解説は見開きになっていて、年度別ではなく科目別に

 

並び替えられているものが好ましいです。

 

 

それを頭から順に、読んでいきます。

 

解くのではなく、読むのです。

 

問題を読み、すぐに解説を読みます。

 

 

それだけで理解できた場合には、その項目は完了です。

 

分からない場合、参考書の該当箇所を開き、その周辺を読みます。

 

 

このように、過去問を軸にして知識をインプットしていくのです。

 

これが、過去問の勉強法です。

 

詳しくは、「過去問の勉強法」をご覧ください!

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<


レンタルサーバー