社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社会保険労務士の将来性

 

社労士の将来性は…

 

 

社労士の将来性は、

 

必ずしも明るいとは言えないのが現状です。

 

 

なら、暗いのか?と言われると、そうとも言い切れない…

 

なんとも微妙で、何とも言いきれないのが社労士の将来なのです。

 

 

ただ、儲かる者と儲からない者の二極化が進むであろうことは、

 

ほぼ確実となっています。

 

 

この際に、重要なのは社労士としての

 

知識やノウハウではなく、営業能力です。

 

 

どのような業務を前面に出していくのか、どう人脈を増やすのか…

 

などと言った営業・経営能力が、要求されていくわけです。

 

 

もう少し詳しく説明していきましょう。

 

 

需要が増加する

 

 

現在、少子高齢化が進んでいると言われていますよね?

 

社労士の業務の中には、年金や社会保険などが含まれます。

 

 

特に、年金制度は複雑でニュースやワイドショーなどでも

 

日々取り上げらていますよね。

 

 

年金制度や社会保障制度は、高齢化が進むに伴い、

 

その役割がより大事になってきます。

 

 

社労士が、相談業務などの分野で

 

求めれる時代がやってくるのです。

 

 

こう言った側面から見ると、社労士の業務自体は、

 

需要が拡大し続けると言えるでしょう。

 

 

市場の激化

 

 

需要が拡大すれば、供給もより多く求められるはずです。

 

しかし、社労士の資格は近年人気で、

 

社労士の資格を取得する人は増え続けています。

 

 

全体の需要が増えても、収入を分ける人数が増えると、

 

一人あたりの分け前はあまり変わらないのですね…

 

 

また、弁護士や公認会計士など

 

周辺士業の人数が増え続けていますので、

 

社労士に回ってくる仕事の奪い合いが起こることも予想されます。

 

 

営業・経営能力の重要性

 

 

独立開業してしまえば、上司に命令されることなく、

 

自由気ままに働ける…

 

そういう理由で、士業を目指す方が増えているようです。

 

 

しかし、こういう考えでは今後の士業業界では生き残れません。

 

先生と呼ばれることが多い士業ですが、所詮はサービス業です。

 

顧客があるからこその士業なのです。

 

 

士業同士の競争が激しくなってきた場合、仕事の質などより、

 

接客の仕方など顧客をどう掴むか、という要素が大事になってきます。

 

 

もちろん、ミスは許されませんから、

 

専門知識は前提として不可欠ですよ。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー