社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


まとめノートが完成しません・・・

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

現在、独学で社労士試験に向けて勉強しています。

 

市販の基本書を購入して、それをノートにまとめているのですが、

 

なかなか作業が進みません。

 

 

量が多すぎます。

 

他の受験生の方は、どのようにしてノートをまとめているのでしょう?

 

いいアドバイスがあったら、お願いします。

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

どのようなまとめノートを作っているのでしょうか?

 

基本書の内容を要約するような内容でしょうか?

 

 

それだと、よっぽど圧縮しない限り、

 

膨大な量になってしまいますよね。

 

 

社労士の基本書は、比較的薄い一冊本でも、

 

1000ページ程度の分量がありますよね。

 

 

これを、要約して5分の1に圧縮したとします。

 

それでも200ページものノートになってしまうのですね…

 

これはとても効率的とは言えません。

 

 

なぜまとめノートを作っているのでしょうか?

 

情報がコンパクトにまとまっているものがほしいのでしょうか?

 

それだったら、市販のもので非常にコンパクトに的確に

 

まとめてあるものがあるので、それを購入しましょう。

 

 

もしも、まとめノートを作ることが勉強だと思っているとしたら、

 

それは間違いです。

 

 

ノートを作るということは、よっぽど頭を使うように意識しないと、

 

ただの作業になってしまいます。

 

 

ノートを作成する時に、手の他に頭は回っていますか?

 

回っていないなら、

 

勉強しているつもりになっているだけの可能性が非常に高いですよ。

 

 

高校受験までは、お手製のまとめノートを作り、

 

先生の授業をきちんとまとめることが、点数に結びついてましたね。

 

 

しかし、資格試験の勉強では、まとめノートを作るのは、

 

時間の浪費にしかなりません。

 

 

量も範囲も膨大ですし、きちんとした教材も市販されていのですから、

 

自作でまとめノートを作る意義はほとんどありません。

 

 

作る必要があるのは、苦手ノートです。

 

どうしても理解できない項目や、

 

何回も間違える問題をまとめたノートを作成しましょう。

 

 

これも手書きで書いていては非効率です。

 

コピー機というものがあるのですから、

 

コピーをとって、切って貼る、

 

もしくはファイリングする程度におさめましょう。

 

ノートを作るよりも、本を何度も読むことを意識して下さいね。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー