社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験と行政書士試験はどちらが難しいですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

行政書士試験を受験しようか、

 

社労士試験を受験しようか、悩んでいます。

 

 

インターネットで情報を集めてみたのですが、

 

行政書士試験の方が難しいと言う声も、

 

社労士試験の方が難しいと言う声も双方あります。

 

 

できれば簡単な方を受験したいと思っているので、

 

非常に悩んでいます。

 

どちらが難しいのでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

インターネットの匿名掲示板などでは、

 

よく国家試験の難易度の比較や競争があがっているようですね。

 

 

中には、行政書士試験は司法試験よりも難しいと言う

 

ちょっと無理のある意見も見られるようで、

 

見れば見るほど混乱を招いてしまいますよね。

 

 

双方とも一概にどっちが難しいと比較はできない、

 

と言うのが答えとしか言えません。

 

 

試験の種類や出題項目が異なるので、単純な比較はできません。

 

それぞれによって、感じる難しさも違うはずです。

 

 

もっとも、それでは全く答えになっていないので、

 

出題形式・試験範囲の分量・問題の質・合格基準という

 

4つの観点から双方を比較してみましょう。

 

 

【出題形式】

 

 

行書試験は、択一式・選択式というマークシート形式の出題が8割を占め、

 

残りの2割が記述式と言う形式で出題されます。

 

記述式は、40字程度で答えを書く形式です。

 

 

これに対し、社労士試験は、択一式・選択式と言う違いはあれど、

 

全部がマークシート形式での出題です。

 

 

記述式がある分、書けるような知識を仕入れなければならず、

 

行政書士試験が難しいと言う方が多いようです。

 

 

もっとも、40字程度であればほとんど考えて書く余地はなく、

 

覚えたものを吐き出すだけですし、出題されているのも

 

超が付くほどの重要項目だけです。

 

 

【範囲の分量】

 

 

範囲の分量は、双方とも10科目近い科目があり、

 

非常に公判だと言えます。

 

この点では、比較しがたいでしょう。

 

 

ただ、行政書士試験の範囲は

 

基本六法を中心とする法学分野を含んでいます。

 

そのため、法学部出身などの場合には対応がしやすくなります。

 

 

【問題の質】

 

 

行政書士試験の場合には、単に暗記するだけでは得点できず、

 

自分で考える必要のある問題が出題されます。

 

 

これに対して、社労士試験では覚えることさえできれば、

 

かなりの部分が得点できます。

 

もっとも、覚えようとすれば途方もない分量なのですが。

 

 

【合格基準】

 

 

双方とも、基準自体は6割程度です。

 

ただ、社労士の方が科目ごとに細かい足切ラインが設定されており、

 

捨て科目を作れない分、難しいと言えるかもしれません。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー