社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


予備校は法律系と会計系どっちがいいですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

予備校を利用して社労士試験を受験しようと思っています。

 

資格予備校には法律系と会計系があると耳にしたのですが、

 

社労士試験はやはり法律系の予備校の方がよいのでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

おっしゃる通りで、資格予備校には法律系と会計系があります。

 

もちろん、この二つだけではないのですが、

 

社労士試験に強いと言われている大手予備校は、

 

このどちらかに所属している傾向があります。

 

 

法律系に強い予備校とは、司法試験をメインとし、

 

法律系資格試験を中心に定評がある予備校です。

 

 

LEC東京リーガルマインドや、辰巳法律研究所などが、

 

法律系の予備校に属していると言えます。

 

 

会計系に強い予備校とは、税理士試験や公認会計士試験など、

 

会計系資格試験を中心に定評がある予備校です。

 

TACや資格の大原などが、会計系の予備校に属しています。

 

 

さて、社労士試験は法律系資格なのでしょうか?

 

それとも、会計系の資格なのでしょうか?

 

 

一般に、社労士試験は法律系の資格だと言われています。

 

試験範囲には、10以上の法律が含まれていますし、

 

試験勉強も法律の条文の意味を学んでいくことが中心となります。

 

 

社労士試験は、典型的な法律系資格だと言えるでしょう。

 

もっとも、会計的な要素が全くないのか、というとかなり微妙で、

 

数字や制度の仕組みの理解などを扱うことからすると、

 

会計系に近い要素があります。

 

 

保険や年金の制度と、税金などの制度が近いと言われると、

 

そうだと思うのではないでしょうか?

 

 

このように、社労士試験は一般に法律系資格だと言われていますが、

 

会計系資格に近いような要素も含んでいます。

 

 

そのため、法律系予備校と会計系予備校の双方が、

 

定番の予備校となっているのではないかと思われます。

 

 

どちらがいいのか、という本来の質問ですが、

 

内容・カリキュラム自体はほとんど変わらないと言えます。

 

 

パンフレットを取り寄せてみたり、無料の体験講義を視聴したりして

 

自分の好みの方を選ぶようにするとよいのではないでしょうか。

 

大手の予備校である以上、大きく外れることはないですよ。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー