社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験を受験する場合、法学部卒は有利ですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

社労士試験は、法律系の資格だと聞いたことがあります。

 

私は、かつて法学部で法律を学んだことがあります。

 

法学の勉強の仕方をある程度身に着けているつもりです。

 

 

そのため、社労士試験では予備校などを利用せず

 

独学で勉強しようと思っています。

 

法学部卒と言うことは、社労士試験において有利に働くのでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

社労士試験は、確かに法律系の資格です。

 

しかし、法学部卒であっても必ずしも有利にならないのが、

 

社労士試験だと考えてください。

 

 

法学部卒だ、と言うことが社労士試験におけるメリットになるとしたら、

 

法律の条文の読み方を知っている(並びに、と、及び、など)、

 

趣旨から学ぶと言う事を知っている、ということくらいです。

 

 

基本的に、大学の法学部で学ぶのは基本六法ですよね。

 

憲法・民法・刑法・刑事訴訟法・民事訴訟法・商法、

 

場合によっては行政法というところでしょうか。

 

 

行政書士試験の場合には、このうちから民法・憲法・行政法・商法が

 

出題されますから、法学部卒ということはかなり有利に働きます。

 

 

しかし、社労士試験の試験範囲には、

 

これらの基本六法科目が含まれていません。

 

 

もっとも、労働法や社会保障法と言う学問を学んだことがある場合には、

 

社労士試験の勉強の導入段階でかなり有利になりえます。

 

 

ですが、労働法で勉強することの中心は、

 

判例の考え方などですよね。

 

社会保障法も、個別の法律を詳しく読み解くことはあまりありません。

 

 

社労士の勉強は、学説や判例を学んで法の解釈をしていくと言う

 

法学的な勉強ではなく、個別の条文の意味と仕組みを純粋に

 

理解するという法律の勉強なのです。

 

 

最初にも説明したように、法学部卒の方なら、

 

六法を引いて条文を読むという作業に慣れているでしょう。

 

 

この点からすると、法律をまったく見たことがないと言う

 

人より有利かもしれませんが、そこまで劇的に有利になるか、

 

というとそうでもありません。

 

 

法学部卒と言うことで、独学勉強するとのこと。

 

方針自体は反対する理由はありません。

 

何はともあれ、一度基本書などを読み下してみて下さい。

 

 

それで、独学で理解できないようなら、

 

予備校などを利用すると言うように

 

柔軟に考えてみても良いかも知れませんよ。

 

 

問題演習の仕方などは、

 

法学部で培ったノウハウがそのまま通じます。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー