社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


特定社会保険労務士ってなんですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

近年、特定社会保険労務士って言う制度ができたと聞きました。

 

特定社会保険労務士ってなんですか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

特定社会保険労務士とは、労働に関する紛争の裁判外紛争解決における

 

代理の権限を持つ社労士のことです。

 

社労士法が改正され、平成19年の4月1日から始まった制度です。

 

 

特定社労士は、ADR代理権を持つ社労士と言われます。

 

ADRとは、裁判外紛争解決の略です。

 

 

何かしらの紛争が起きた場合、当事者同士で話し合いをするのが

 

一番柔軟な解決方法ですよね?

 

 

これに対して、一番厳格な解決方法が

 

裁判所の解決(訴訟)に委ねる方法です。

 

訴訟の代理人となるには、弁護士の資格が必要ですよね。

 

 

ADRとは、話合いと訴訟の中間に位置する解決手段の総称です。

 

具体的には、あっせん、調停、仲裁などがあります。

 

 

特定社労士になると、労働問題に関する紛争を解決するため、

 

あっせん・調停・仲裁などの手続で代理人となって、

 

弁護士のように紛争解決のために働くことができるのです。

 

 

特定社労士になるには、通常の社労士の資格に加え、

 

特別研修と、紛争解決手続代理業務試験合格を経る必要があります。

 

 

特別研修は、ビデオ講義やグループ研修、

 

ゼミナールなどの内容を含んでいます。

 

 

特別研修終了後、試験が実施されます。

 

2時間の試験で、200〜250時程度で答える記述式となっています。

 

 

合格率は7割前後となっており、

 

そこまで難関というわけではありません。

 

 

日頃の社労士の実務経験と、

 

研修で学んだ内容のしっかりした理解さえあれば

 

合格できるようなレベルとなっています。

 

 

特定社労士試験のため、

 

特別に勉強をしたりする人は多くはないようです。

 

 

さて、特定社労士の制度が始まったことにより、

 

社労士が労働問題に関する紛争に関与する機会が、

 

増大したと言えます。

 

 

これまでは、同じ労働問題でも大きな紛争になりそうなものは

 

弁護士に言っていました。

 

 

これからは、特定社労士のもとにも、

 

そのような相談が行くようになります。

 

 

弁護士と社労士との協働も進んでいくでしょう。

 

社労士の新たな働き方として、近年注目されている資格ですので、

 

取得を目指してみてはどうでしょうか?

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー