社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士と中小企業診断士とどちらがいいですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

中小企業診断士って資格がありますよね?

 

どんな資格なのでしょうか?

 

 

社労士試験受験を目指そうと友人に相談したところ、

 

「中小企業診断士がいいのでは?」とアドバイスをもらいました。

 

 

社労士資格と、中小企業診断士の資格とでは、

 

どちらがいいのでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

中小企業診断士と社労士、どちらを取得しようかで

 

悩んでいる人が意外と多いようです。

 

 

どちらも、中小企業に対するコンサルティング業を業務内容としており、

 

似た部分を持っているからかも知れませんね。

 

 

中小企業診断士とは、中小企業の経営診断の専門家です。

 

経営・業務に関するコンサルティング業を専門としています。

 

 

中小企業診断士は、士業の中では珍しく、

 

独立開業率が低いのが特徴です。

 

 

中小企業診断士の中で、独立している者の割合は28%程度です。

 

社労士の独立開業率6割とは大きな違いですね。

 

 

この為、独立開業したいのであれば、

 

社労士資格を優先した方がいいかもしれません。

 

 

さて、中小企業診断士となるには、国家試験である

 

中小企業診断士試験に合格する必要があります。

 

中小企業診断士試験には、1次と2次の試験があります。

 

 

1次試験には、受験資格は特にないので、誰でも受験できます。

 

2次試験は、1次試験に合格しないと受験できません。

 

 

受験資格の点では、社労士試験よりも中小企業診断士試験の方が

 

受験しやすいと言えますね。

 

 

1次試験の試験科目は、以下の7科目です。

 

・経済学、経済政策

 

・財務、会計

 

・企業経営理論

 

・運営管理

 

・経営法務

 

・経営情報システム

 

・中小企業経営、中小企業政策

 

 

1次試験は択一式となっており、合格ラインは6割、

 

合格率は20%程度です。

 

 

2次試験は、記述式と、記述式に合格した者だけを対象とする

 

口述式の2つとなっています。

 

 

記述式は事例問題となっています。

 

2次試験の合格率は20%程度となっています。

 

 

合格率20%だったら社労士試験より簡単?と思うかもしれませんが、

 

1次で20%、さらに2次で20%ですから、単純計算、4%程度の合格率です。

 

かなりの難関ですね。

 

 

択一、記述、口述と言う3段階を経ている点も難しそうです。

 

また、対策のための本があまり市販されておらず、

 

独学も難しいようです。

 

全般的に言うと、社労士試験の方が簡単だと言えますね。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー