社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士と税理士との違いはなんですか?

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

社労士と税理士との違いがよくわかりません。

 

どう違うのでしょうか?

 

 

社会保険労務士,独学,難易度,合格率,年収,求人,勉強法,通信,通学

 

 

社労士は、労働・年金・社会保険に関するプロフェッショナルです。

 

これに対して、税理士は税務に関するプロフェッショナルです。

 

 

このように説明してもよくわからないかもしれませんね。

 

おそらく、社会保険の分野と税金の分野が、

 

ごっちゃになってしまうのかもしれません。

 

 

社会保険は、社会保障のためのシステムの一つです。

 

人間生活を営んでいく上では、病気や老齢、

 

失業や災害などのリスクに遭遇してしまいますよね。

 

 

このような場合に備えて、事故が起こってしまう前に

 

強制加入の保険に入ることで、リスク発生の際の負担を

 

加入者全員で分担しよう、というのが社会保険です。

 

 

民間の保険との違いは、加入が強制かどうか、という点にあります。

 

社会保険は、日本では、医療保険・長寿保険・年金保険・

 

労働保険・介護保険・船員保険の6種類があります。

 

 

社労士が取り扱うのは、雇用保険、労災保険などの労働保険、

 

国民年金などの年金保険ですね。

 

 

さて、これに対して税理士が扱うのは税務ですね。

 

租税とは何かを少し見ていきましょう。

 

 

租税とは、国などが強制的に徴収する金銭のことです。

 

租税についての事務などを税務と呼びます。

 

「保険料と租税ってどう違うの?」と疑問に思うかもしれませんね。

 

 

租税は、何かしらのサービスの代金としての性質を持ちません。

 

ある経費に充てるために徴収するだけで、

 

税金を納付しているからと言って、何かしらのサービスの

 

代金を支払っているわけではないのです。

 

(特別の給付に対する反対給付ではないということです。)

 

 

このように、社会保険と税務、

 

保険料と租税などの違いを区別するのが難しいので、

 

社労士と税理士がごっちゃになってしまうわけですね。

 

 

しかし、何かしらのサービスに対する反対給付かどうか、

 

と言う観点で考えると、両者ははっきりと区別することができます。

 

 

扱っているもの自体が違いますから、業務内容も全く異なります。

 

管轄している省庁も違いますし、試験の内容も全く被りません。

 

 

税理士と社労士の違いは何かと言うより、何が同じなのか、

 

という説明の方が難しいくらいです。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー