社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士資格と他の資格を組み合わせる

 

ダブルライセンス・トリプルライセンスの魅力

 

 

士業には、弁護士を始めとし、

 

司法書士・行政書士・中小企業診断士・社労士など

 

実に様々な職業・資格がありますよね?

 

 

あなたは、こういった士業の業務の違いを把握できているでしょうか?

 

多くの人がよく分からないのではないでしょうか?

 

 

こういった顧客側からの視点で見てみると、

 

「ここに相談に行ったら何でも解決できる」と言う

 

場所や専門家があったら非常に魅力的に感じるのではないでしょうか?

 

これこそが、ダブルライセンスの魅力です。

 

 

専門家の側からしても、職域の限界を感じることなく、

 

幅広い業務を行えますので、やりがいのある働き方が可能となります。

 

 

社会保険労務士は、それ自体が労働・年金・保険と幅広い業務を

 

扱っていますから、他の士業との相性が非常に良く、

 

士業の中でもダブルライセンスが有効な部類と言えます。

 

 

社労士と組み合わせることが有益な資格をいくつか紹介しましょう。

 

 

行政書士

 

 

行政書士は、役所に届ける書類の作成、

 

提出代行などを主業務とします。

 

 

社労士の業務とかなり似ていることに気づきますよね?

 

社労士に加えて、行政書士資格を取得することで、

 

会社の設立手続などを代行することが可能となります。

 

 

この為、一つの会社の設立から、雇用体系の構築まで

 

幅広くアドバイスをすることが可能となるのです。

 

 

中小企業診断士

 

 

中小企業診断士は、

 

中小企業の経営診断のプロフェッショナルです。

 

 

経営面や業務面でコンサルティング業務をすることを専門とします。

 

一方社労士は、雇用の面でコンサルティングを行います。

 

 

双方を組み合わせることで、

 

中小企業のコンサルティング業務に幅が出てきそうですよね。

 

 

ファイナンシャルプランナー

 

 

ファイナンシャルプランナーは、クライアントのライフプランに合わせ、

 

資産をどう活用していくのか、と言うアドバイスをします。

 

 

他方、社労士は、年金や社会保険制度のプロですよね。

 

これらを組み合わせることで、年金・保険と言う将来のことまで想定した

 

ガッチリしたライフプランを提案することが可能となります。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー