社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士の資格を活かした仕事

 

社労士の資格を取得する理由は人それぞれですよね?

 

社労士として就職したり、開業したりすることを目指す人が

 

多いかもしれませんが、それだけが社労士資格の魅力ではありません。

 

 

社労士の資格を取得してることにより、

 

転職・就職に役立つこともあるでしょう。

 

また、すでに展開している事業の拡大に役立つこともあるでしょう。

 

 

単に社労士として勤務するのではなく、他の資格と組み合わせて

 

独自の業務をしたい、と言う人もいるかもしれません。

 

※ダブルライセンスについては、

 

社労士資格と他の資格を組み合わせる」をご覧ください。

 

 

社労士としての業務をするには、

 

社労士として登録を済ませる必要があります。

 

 

年会費などを支払わねばならないのですが、

 

実は、登録せずに資格を生かす仕事が何個かあるのです。

 

 

相談員や講師など

 

 

社労士の業務には、独占業務と非独占業務とがあります。

 

※詳しくは、「社会保険労務士の業務」をご覧ください。

 

 

年金や保険などについての相談業務などは、

 

資格がなくてもできる非独占業務なのです。

 

 

社労士試験で身に着けた知識を生かして、

 

役所や企業などで相談に応じたり、セミナーを開くことができます。

 

 

稼ぎにはならないかもしれませんが、

 

非常にやりがいのある仕事ですよね。

 

 

本の執筆

 

 

知識はあるのですから、本を執筆することもできそうですよね。

 

社労士という肩書は名乗れませんが、「社労士試験合格」と言う

 

肩書は名乗れます。

 

 

これを活用して、より多くの人の役に立てるような書物を執筆する

 

と言うのも夢のある仕事ですよね。

 

 

受験の指導

 

 

試験に合格したら、資格予備校などで講師を務めたり、

 

テキストを作成したりすることも可能です。

 

 

社労士として働きたいと思って受験をした人でも、

 

受験指導と言う業界の魅力に惹かれて、

 

そのまま講師になるという人も少なからずいるようですよ。

 

 

友人や親戚の相談に乗る

 

 

仕事と言えるかは微妙ですが、

 

友人や親戚の相談などに応じることも、もちろんできますよね。

 

受験方法の指導などもできるかもしれません。

 

 

儲けにはならないでしょうが、こういった場面で活躍できることが、

 

やりがいや魅力につながるのではないでしょうか?

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー