社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社会保険労務士になるには?

 

社労士として働くためには?

 

 

社会保険労務士と名乗り仕事をするためには、

 

1.社労士となることができる資格の取得

 

2.登録

 

という2段階を踏む必要があります。

 

 

社会保険労務士として登録するための資格

 

 

社労士として登録するためには、

 

社労士となることができる者となる必要があります。

 

 

社労士となることができる者とは…

 

1.社会保険労務士試験に合格した者

 

2.試験科目全てが免除される者

 

3.弁護士となる資格を有する者

 

の3つがあります。

 

 

ほとんどの人は、最初の社労士試験合格を経るルートを目指します。

 

 

社労士となるための資格を取得したのち、

 

1.2年以上の実務経験を積む

 

2.指定講習会を受ける

 

以上のいずれかのルートを経て、初めて社労士として登録できます。

 

 

社労士試験の受験資格

 

 

社労士試験には、厳しい受験制限があります。

 

この受験資格を得ないと、ほとんどの人は社労士となれません。

 

非常に重要な要件ですので、しっかり確認しておきましょう。

 

 

1.大学の一般教養科目修了

 

2.短大もしくは専門学校を卒業

 

3.行政書士となる資格を有する者

 

4.特定の業務に特定期間従事

 

 

学歴に基づく条件は、短大卒業程度と言うことになります。

 

 

行政書士試験に合格していること、

 

と言うのは社労士を目指している方には有名な条件だと思います。

 

 

他にも、司法書士や土地家屋調査士、

 

情報処理技術者なども受験資格として認められました。

 

 

高卒や中卒の方が、社労士試験を受験しようと思うと、

 

大学や短大を目指さねばなりません。

 

しかし、これでは期間も費用もばかになりませんよね。

 

 

そこで、このような方がショートカットをするのにちょうどよいのが、

 

行政書士試験なのです。

 

 

行政書士試験は、法律の入門的な試験と言われており、

 

受験資格の制限もありません。

 

 

中卒・高卒の方が社労士となるまでのルート

 

 

社労士登録までのルートを、

 

中卒・高卒の方を例に再度おさらいしましょう。

 

 

1.社労士試験の受験資格を取得

 

 

行政書士試験を受験し合格するか、

 

大学の一般教養修了レベルを目指します。

 

 

2.社労士試験に合格

 

 

3.登録のための条件を取得

 

 

実務経験(2年間)を積むか、研修に参加します。

 

 

4.登録

 

 

以上、長く複雑なルートですね。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー