社労士試験受験を考えている人のための社労士まるわかりガイド

超難関の社労士試験に独学で一発合格できる勉強法があるのはご存知でしょうか?


あるポイントさえ押さえれば、1日2時間の勉強だけで
半年後には楽々と合格圏内に入る事が可能です。


もう間違った勉強法で時間とお金を無駄にするのは止めにしませんか?


社労士試験の初心者でも一発合格者続出のツボ式学習法とは?


社労士試験の概要

 

社労士試験とは?

 

 

社労士試験とは、「社労士となることのできる」資格を

 

取得するための国家試験です。

 

 

社労士試験に合格し、実務経験(二年以上)か、指定講習会を修了すると

 

社労士として登録することができるようになります。

 

※詳しくは、「社会保険労務士になるには?」をご覧ください。

 

 

社労士試験の受験資格

 

 

社労士試験には、受験資格が設けられています。

 

誰でも受験できる行政書士試験とは入口からして異なるのですね。

 

 

受験資格には、学歴、その他の国家試験取得、

 

職歴などが設けられており、どれか一つを満たしていると

 

受験することができます。

 

※詳しくは「社労士試験の受験資格」をご覧ください。

 

 

社労士試験の日程

 

 

試験を受けるためには、願書を提出しなければなりませんよね。

 

社労士試験は、願書の取り寄せから始まります。

 

 

4月の上旬から5月にかけて、願書を取り寄せることができます。

 

社労士センターなどでも入手することができますよ。

 

 

願書に必要事項を記入し、受験料9,000円を支払い、

 

写真を添付し、必要書類も合わせて提出します。

 

期限は5月末までです。

 

 

毎年5月いっぱいまでに、受験するかどうかを

 

決心しなければならないわけです。

 

 

8月の上旬に、受験票が到着します。

 

本試験は8月の下旬の日曜日に行われます。

 

10時から、16時40分まで実施されます。

 

 

合格発表は、11月の上旬から中旬ごろです。

 

願書の取り寄せから、合格発表まで半年近くある長い試験です。

 

 

年に1回しかない点も注意が必要ですね。

 

期限をついうっかり過ぎてしまうと、また来年となってしまします。

 

泣いても受け付けてくれませんよ。

 

 

社労士試験の科目など

 

 

社労士試験の試験形式は、択一式と選択式の2種類があります。

 

択一式は、5択の形式で正誤をマークシートに記入します。

 

 

選択式は、長文に穴が開いており、20程度の選択肢が与えられます。

 

穴に合うような選択肢を選び、マークシートで記入します。

 

 

出題科目は8つあります。

 

大きく分けて、労働に関する知識を問うものと、

 

社会保険に関する知識を問うものとに分かれます。

 

 

社労士試験の合格基準

 

 

社労士試験の合格基準は、選択式・択一式の双方ともで、

 

6割を取得することです。

 

 

各科目ごとの足切もありますから、

 

万遍なく得点する必要があります。

 

あなたは、知っていますか?


実は、「資格予備校」や「通信講座」に申し込み後、

社労士の場合、約7割の方がすぐに勉強を断念していると言う事実を・・・


その理由とは?


>>>詳細はコチラを今すぐクリック!<<<

 


レンタルサーバー